本文へスキップ

エディーズトレーディングは、ハーブ・ベビーリーフ・促成野菜をご提供させていただいています。

電話でのお問い合わせはTEL.0799-62-3263

〒656-2131 兵庫県淡路市志筑109-2

ハーブの苗

四季の水やり

多くのハーブは乾燥に強く、過湿が苦手で、少々乾燥ぎみにした方がうまく育ちます。
地植えなら、地中に根がしっかりと張るまでの間(種まきから発芽まで・植つけ直後)だけ水をやれば、あとは雨などの自然の状態にまかせておけばよく育ちます。
ハーブは丈夫な植物で、根が張れば台地から水分を吸収できるからです。
鉢植えの場合は水やりの回数は少なく、土の表面が乾いたらたっぷり水をやるようにします。
水をやればよく育つだろうと毎日少しづつ水をやると、根のまわりが水浸しになって腐ってしまいまい、かえって逆効果です。
水をあげるときは、花や葉にかけるのではなく、土にかけるようにします。

●春
ハーブがよく成長する時期で、水分をよく吸収します。
土の表面が乾いたらたっぷりと水をやります。
水やりは朝か夕方に定期的に行います。

●夏
土が乾きやすい時期なので土の乾燥が激しいときには1日に2度水をやる場合もあります。
日中の熱い時に水をやると、茎や葉が蒸れてよくないので朝夕の気温が高くない時に行いましょう。

●秋
秋から冬は、気温が下がるのに合わせてだんだん水やりの間隔をあけていきます。
土が乾いたら水をやりますが、1回の量は春夏より控えめでよいでしょう。

●冬
気温が高くなる午前中に水をやります。
気温が低い時期なので、朝夕に冷たい水をやるのは、ハーブにもよくないのです。

shop info店舗情報

エディーズトレーディング

〒656-2131
兵庫県淡路市志筑109-2
TEL.0799-62-3263
FAX.0799-62-3263